人々に豊かさを提供し、
社会貢献が実現できる


浅野 亮 ASANO RYO

建設部
2018年入社 経済学部卒

※社員の所属部署は取材当時のものです。

建材の知識+グローバルな視点で
物事を見られる

家業が建設関係の会社を経営しており、幼い頃から建材に関心を持っていました。両親の仕事をする姿を見ながら、建材業界の最重要点は流通経路にあるのではないかと考えるようになり、商社ビジネスに対する興味が深まりました。その中でも双日建材は、専門商社として、建材の知識+グローバルな視点で物事を見られると考え、選びました。
私は建設部という部署に所属しており、ゼネコンへの請負工事営業及び工事業者等への建材販売に取り組んでいます。その中でも、メインはマンション新築工事における内装仕上工事で、フローリング工事、クロス工事、断熱工事等多岐にわたる請負工事をしています。仕事では、日々、建設現場に足を運び、工程の確認や使用する材料の確認等を行っています。建設現場で実際に施工の様子を見ることができ、扱っている商材がどのように使われるのかがわかり理解が深まるとともに、社会や生活に役立っているのを実感することができます。

スピード感を意識し、
自分が理解できるまで突き詰める

初めて案件を受注した際はとても達成感がありました。右も左も分からないので、上司をはじめ、仕入先に協力してもらい、苦労しながら受注した案件は印象に残っています。初受注案件の客先とは今でも良好な関係を築いており、努力が実った瞬間だと感じました。
営業をする中で大切にしていることは、スピード感を意識することと、わからないことは自分が理解できるまでとことん突き詰めることです。日々の業務で以上の2つを意識することで、より案件受注に結びつくのではないかという考えに至り、実践しています。スピード感では、自分で決めたこと、客先への対応は素早く実行に移すよう心がけています。その積み重ねが信頼につながるのです。
当社は、衣・食・住の「住」に関わる全般的な商材を扱う仕事をしています。「住」は生活する上で欠かせないものであり、そこに関わることで、人々に豊かさを提供し、社会貢献が実現できる。そんな自負を持って日々の仕事に取り組んでいます。

双日グループ間での
連携強化に取り組んでいきたい

今後は、双日グループ間での連携強化を進めていきたいと考えています。他商社と比較すると、連携が薄いところもあり、建設部では双日新都市開発と取り組みを進めており、この取り組みをさらに拡大していければと思います。
また、現在、当社の主力商品は合板ですが、合板と並ぶくらいに請負工事を強化していきたいと考えています。建設部の拠点は東京と大阪のみとなっていますが、将来的には拠点を拡大していければと思います。まずは東日本地区の拡販に努め、いずれは全国での請負工事及び工事に付随する建材販売に取り組めればと思います。
今後、双日建材では、国内の既存事業の強化はもちろんのこと、海外の新規事業も増えてくる見込みです。「私が建材業界を変える!」「商社で新規海外事業に携わりたい!」。そんな意気込みを持って就職活動をしていただければと思います。未来を担う熱意のある皆さんと、共に仕事ができる日を心より楽しみにしています。

1日の流れ

9:00 出社後、メールチェック。現場へ直行するケースもある。
10:00 見積書作成等の事務作業。
見積書等の書類を作成します。正確さ、スピード感、効率の3点を心掛けて業務へ取り掛かる。
12:00 ランチ 外出時は上司や同僚と外出先で済ませる。
13:00 取引先へ訪問。主にはゼネコン(建設現場)。金額交渉、工程や材料搬入日の確認。
15:00 部内ミーティングに参加。進捗状況の報告及び部署内での意見交換。
18:00 業務を終え、帰宅。会社のフットサルチームに参加。